こしょう (胡椒)

Piper nigrum

Piper nigrum

Piper nigrum

Piper nigrum

インド南西部のマラバル沿岸が原産とされます。現在では東南アジアや南アメリカ、西インド諸島などの熱帯地域で栽培されています。茎は蔓性で、長さは5〜9メートルになり、他の樹木などに絡みついて伸びます。葉は卵形で互生します。穂状花序をだして淡黄白色の花を咲かせ、果実は液果で赤く熟します。ブラックペッパーは、この緑色の未熟な果実を乾燥させたもの、ホワイトペッパーは完熟してから乾燥させ、水に漬けて外皮を柔らかくして剥いだものです。灰色の粉末コショウは、両方を混ぜ合わせたもので、わが国独特のコショウだといいます。 
コショウ科コショウ属の常緑木本で、学名は Piper nigrum。
英名は Pepper、Black pepper。 
The pepper (Piper nigrum) belongs to the family Piperaceae (thePepper family). It is an evergreen woody vine that is probably native to along the Malabar Coast in southernwest India. Nowadays, it is caltived in widely tropicas areas; Southeast Asia, South America and the West Indies. The stem is a trailing vine and entwines itself around adjascent trees, and it can reach 5-9 m long. The leaves are ovate and alternate. The flowers are pale yellowish white and bloom in the spikes. The fruits are berries and ripen red. The black pepper is produced from dried green, underripe fruits. The white pepper is produced from dried peeled, ripe fruits. The gray ground pepper which mixed both peppers, is a unique condiment in Japan. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中2・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2013年05月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp