こしょうぼく (胡椒木)

Schinus molle

Schinus molle

Schinus molle

Schinus molle

Schinus molle

Schinus molle

Schinus molle

南アメリカのペルーやブラジルに分布しています。成長が早く、高さは15〜20メートルほどになります。アメリカの西海岸では、街路樹として広く植栽されています。葉は暗緑色で、裏面は銀色を帯び、やなぎのように枝垂れます。果実は赤く熟し、乾燥させて塩漬けしたものは「ピンクペッパー」と呼ばれる香辛料になります。 
ウルシ科サンショウモドキ属の常緑高木で、学名は Schinus molle。
英名は Peruvian peppertree、California peppertree。 
The Peruvian peppertree (Schinus molle) belongs to the family Anacardiaceae (the Sumac family). It is a tall evergreen tree that is native to Peru and Brazil in South America. This tree grows fast and it can reach 15-20 m in height. It is also planting widely as a roadside tree at the West Coast. The leaves are dark green with silvery abaxial sides, and weeping like a willow. The fruits ripen red, and the dried and salt pickled ones are used as a spice which called the Pink pepper. 
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州フレモント市にて、
2004年04月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中4] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2014年07月29日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp