こしあぶら (漉し油)

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

Acanthopanax sciadophylloides

わが国の固有種で、各地に分布しています。山地に生え、高さは10メートルほどになります。樹皮は滑らかであまり分枝せず、葉は5出掌状複葉で、長い葉柄があります。8月から9月ごろ、長い花柄の先の散形花序に淡い黄緑色の花を咲かせます。若芽は「たらのき」と同じように山菜として利用されます。名前は、この樹脂液を漉して塗料に使ったことから。 
ウコギ科ウコギ属の落葉高木で、学名は Acanthopanax sciadophylloides。英名はありません。 
"Koshi-abura" (Acanthopanax sciadophylloides) belongs to the Araliaceae (the Ginseng family). It is a tall deciduous tree that is endemic to Japan and distributed to so many places. This tree grows in mountains and can reach about 10 m in height. The barks are smooth and the trunks are not so much branched. The leaves are palmately pentafoliolate with long petioles. The umbels are borne at the terminal, long peducles. The pale yellowish green flowers bloom from August to September. The young shoots are used as a wild vegetable same as the Hercules club (Aralia elata). 
[上・中1・中7] 長野県山ノ内町「信大自然教育園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中2・中3] 岐阜県白川村飯島「三方岩岳」にて、
2004年08月08日撮影。
[中4] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、2005年07月18日撮影。
[中5・中6] 長野県大町市八坂「唐花見湿原」にて、
2006年05月10日撮影。
[中8・中9] 茨城県日立市「竪破山」にて、2013年11月17日撮影。
[中10・中11] 福島県下郷町「三本槍岳」にて、
2014年08月13日撮影。
[中12・中13] 福島県川俣町「花塚山」にて、2014年05月17日撮影。
[中14・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp