こしろのせんだんぐさ (小白の栴檀草)

Bidens pilosa var. minor

Bidens pilosa var. minor

Bidens pilosa var. minor

Bidens pilosa var. minor

Bidens pilosa var. minor

Bidens pilosa var. minor

熱帯アメリカが原産ですが、熱帯から暖帯地域に広く帰化していま
す。「こせんだんぐさ」の変種で、わが国へは江戸時代の末期に渡来
しました。荒れ地や河原などに生え、高さは50〜120センチになり
ます。葉は3全裂または2〜3回羽状分裂します。9月から11月ご
ろ、上部の枝先に頭花を咲かせます。長さ5〜7ミリの白色の舌状花
をつけるのが特徴です。
キク科センダングサ属の一年草で、学名は Bidens pilosa var. minor。
英名は Hairy beggar-ticks。
Hairy beggar-ticks (Bidens pilosa var. minor) belongs to the Asteraceae
(the Aster family). It is an annual herb that is native to the tropical America.
Now it is naturalized widely in the tropical and sub-tropical areas. It was
introduced into Japan in the last days of Edo Period (about 170 years ago).
This herb grows in barrens or stream banks, and can reach 50-120 cm in
height. The leaves are tri-dissected or bipinnately to tripinnately. The
flower-heads bloom at the upper branches from September to November.
It is difined by white ray-flowers, 5-7 mm in length.
[上・中1〜2] 千葉県旭市溝原にて、2010年10月02日撮影。
[中3〜4・下] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp