こうざんししんらん (高山石吊蘭)

Lysionotus montanus

Lysionotus montanus

Lysionotus montanus

台湾の北部から東部に分布しています。高地にある雨林の林内に生
え、樹幹や岩上に着生して高さは30センチほどになります。葉は革
質の楕円形で輪生します。縁には鋭い鋸歯があります。上部の葉腋
に薄紫色の花を咲かせます。花冠は唇形で、上唇が2裂、下唇が3
裂します。
イワタバコ科シシンラン属の常緑小低木で、学名は Lysionotus
montanus。英名はありません。
Lysionotus montanus belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is
an evergreen small shrub that is distributed in north and east Taiwan. This
shrub is an epiphyte that occurs on rocks or tree trunks in upland
rainforests, and can reach about 30 cm in heigft. Leaves are elliptic, leathery
and whorled with acute toothed edges. Flowers are pale lavender on the
upper axiles. Corolla is labiate, upper lip 2-lobed and lower lip 3-lobed.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp