こつくばねうつぎ (小衝羽根空木)

Abelia serrata

Abelia serrata

わが国の固有種で、本州の中部地方以西から四国・九州に分布して
います。丘陵の雑木林に生え、高さは2メートルほどになります。よく
分枝して、卵形から狭楕円形の葉が対生します。葉縁は不規則な鋸
歯があるか全縁です。5月から6月ごろ、枝先に黄白色から黄色の
漏斗形の花を1〜7個咲かせます。花冠の内側には長い毛があり、
また下部には橙色の網状斑があります。萼片が2〜3深裂するのが
特徴です。果実は筒状の痩果で、秋に熟します。
スイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉小低木で、学名は Abelia
serrata。英名はありません。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年05月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp