こうりんか (紅輪花)

Senecio flammeus ssp. glabrifolius

Senecio flammeus ssp. glabrifolius

Senecio flammeus ssp. glabrifolius

Senecio flammeus ssp. glabrifolius

Senecio flammeus ssp. glabrifolius

わが国の本州に分布しています。山地の日当たりの良い草原に生
え、高さは50〜60センチになります。根生葉はさじ形、茎葉は広倒
披針形で互生します。7月から9月ごろ、茎の先に花序をだし、濃橙
黄色の頭花を咲かせます。開花しきると花弁は垂れ下がります。
キク科キオン属の多年草で、学名は Senecio flammeus ssp.
glabrifolius。英名はありません。
'Korinka' (Senecio flammeus ssp. glabrifolius) belongs to Asteraceae (Aster
family). It is a perennial herb that is native to Honshu of Japan. This herb
occurs in montane sunny grasslands and can reach 50-60 cm in height. The
basal leaves are spatulate, the cauline leaves are broad oblanceolate and
alternate. The clusters are borne on the shoot apex and bloom dark orange-
yellow flower heads. The petals are drooping when full bloom.
[上・下] 長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、2007年07月11日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2002年07月20日撮影。
[中3] 同上にて、2007年07月17日撮影。(photo by Takao Ito)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp