こうぼうしば (弘法芝)

Carex pumila

Carex pumila

Carex pumila

Carex pumila

わが国の各地をはじめ、東南アジアやオーストラリア、南アメリカに
分布しています。海岸の砂地に生え、高さは10〜20センチになりま
す。茎は短く3稜があり、幅2〜4ミリの線形の葉がつきます。4月か
ら7月ごろ、茎の上部に細長い雄小穂と下部に円柱形の雌小穂をだ
します。名前は「こうぼうむぎ(C. kobomugi)」に似て果苞が小さいこ
とから。
カヤツリグサ科スゲ属の常緑多年草で、学名は Carex pumila。
英名は Dwarf sedge。
Dwarf sedge belongs to Cyperaceae (Sedge family). It is an evergreen
perennial herb that is distributed through Japan to Southeast Asia, Australia
and South America. This sedge occurs coastal sandy soils and can reach
10-20 cm in height. The stem is short and triquetrous and the leaves are
linear 2-4 mm wide. It is borne the elongated male spikelets at upper part
and columnar female spikelets at under part from April to July.
[上] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年11月21日撮影。
[中1・下] 千葉県神栖市日川「日川浜」にて、2007年07月12日撮影。
[中2] 静岡県浜松市西区村櫛町「浜名湖」にて、
2004年04月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp