こうしんやまはっか (甲信山薄荷)

Rabdosia umbrosa var. latifolia

Rabdosia umbrosa var. latifolia

Rabdosia umbrosa var. latifolia

Rabdosia umbrosa var. latifolia

Rabdosia umbrosa var. latifolia

Rabdosia umbrosa var. latifolia

Rabdosia umbrosa var. latifolia

わが国の本州、山梨県と長野県南部に分布しています。山地の林
縁や伐採地に生え、高さは60〜90センチになります。葉は幅が4〜
7センチの卵形から狭卵形で、柄があり対生します。「いぬやまはっ
か」の変種ですが、葉が幅広いのが特徴です。9月から10月ごろ、
枝先の総状花序に青紫色の花を咲かせます。上唇は浅く4裂して反
り返り、下唇は舟形です。
シソ科ヤマハッカ属の多年草で、学名は Rabdosia umbrosa var.
latifolia。英名はありません。
'Koushin-yamahakka' (Rabdosia umbrosa var. latifolia) belongs to
Labiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is native to Yamanashi
and southern Nagano prefecture of Honshu, Japan. This herb occurs in
montane forest edges or logging areas and can reach 60-90 cm in height.
The leaves are ovate to narrow-ovate 4-7 cm across, alternate and
petiolated. The racemes are borne on the terminal branches and bloom
bluish-purple flowers from September to October. The upper lip is divided
into shallowly 4 lobes and recurving, and the lower lip is boat-shaped.
[上・中2〜3] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月22日撮影。
[中1・中4] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、
2006年09月22日撮影。
[中5・下] 愛知県設楽町西納庫にて、2008年10月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp