こようらくつつじ (小瓔珞躑躅)

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

Menziesia pentandra

わが国の北海道から本州の兵庫県以北、それに四国に分布しています。深山の日当たりのよい林縁に生え、高さは1〜3メートルになります。葉は楕円形で、枝先に互生または束生します。葉の展開前の5月から7月ごろ、黄緑色から赤褐色の壺形の花を咲かせます。
ツツジ科ヨウラクツツジ属の落葉低木で、学名は Menziesia pentandra。英名はありません。
"Ko-youraku-tsutsuji" (Menziesia pentandra) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a small deciduous tree that is distributed northward from Hyogo prefecture of Honshu to Hokkaido and Shikoku. This tree grows in sunny forest edges on deep mountains, and can reach 1-3 m in height. The leaves are elliptic and arranged in alternate or fasciculate at the terminal branches. The yellowish green to red-brown, urn-shaped flowers bloom before foliation from May to July.
[上・中1] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月14日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2006年08月02日撮影。
[中4〜中6] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中7・下] 岩手県一関市「栗駒山」にて、2015年06月20日撮影。
(photo by Aya Seko)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp