くるまばそう (車葉草)

Asperula odorata

Asperula odorata

Asperula odorata

Asperula odorata

わが国の北海道から本州、それにアジアやヨーロッパ、北アフリカに広く分布しています。山地の林内に生え、高さは20〜30センチになります。茎は分枝せず、2個の長楕円形の葉と4〜8個の托葉が偽輪生します。5月から7月ごろ、茎の先の集散花序に白い漏斗状の花を咲かせます。花冠は4裂します。乾くと全体にクマリンの香りがあり、飲み物の香り付けにも使われるそうです。
アカネ科クルマバソウ属の多年草で、学名は Asperula odorata。
英名は Sweet woodruff。
Sweet woodruff (Asperula odorata) belongs to the Rubiaceae (the Madder family). It is a perennial herb that is distributed widely, Hokkaido and Honshu of Japan, as well as Asia, Europe and North Africa. This herb grows in mountain forests, and can reach 20-30 cm in height. The stems are not brranched, and they bear 2 oblong leaves and 4-8 stipulars in dense false whorls. The white funnel-shaped flowers bloom in the terminal cymes from May to July. The corolla is four-lobate. The dried plants have a flavor of coumarin odor, and used as a flavouring in drinks.
[上・中1] 長野県松本市奈川「白樺峠」にて、2005年06月25日撮影。
[中2・下] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp