くだものとけい (果物時計)

Passiflora edulis

Passiflora edulis

Passiflora edulis

Passiflora edulis

Passiflora edulis

Passiflora edulis

ブラジルが原産です。現在では、熱帯・亜熱帯地方で広く栽培されています。わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。花は白色から淡い紫色で、花弁と萼片が5個ずつ交互に並んでいます。またひげ状の副花冠が長く垂れ下がります。果実は楕円形で、果肉には酸味と芳香があり、ジュースやゼリーの材料にされます。別名で「パッションフルーツ」とも呼ばれます。
トケイソウ科トケイソウ属の蔓性常緑低木で、学名は Passiflora edulis。英名は Passion fruit。
Passion fruit (Passiflora edulis) belongs to the family Passifloraceae (the Passion flower family). It is an evergreen woody vine that is native to Brazil. Nowadays, it is cultiveted widely in the tropics and sub-tropics. It was introduced into Japan in the middle days of Meiji Era (about 120 years ago). The flowers are white to pale purple, and the five sepals and petals are arranged in alternate. The filaceous long coronas are drooping. The fruits are elliptic, and the fleshes have an acid taste, scent, and they are used as a raw material for jerry or juice.
[上] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中1] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、
2004年11月12月撮影。
[中2] 静岡県浜松市「浜松市フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中3〜4・下] 千葉県香取市大角にて、2013年10月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp