くぐ (沙草)

Cyperus cyperoides

Cyperus cyperoides

わが国の本州、千葉県以西から四国、九州それにアジア・アフリカの
熱帯・亜熱帯地域に分布しています。海辺の日当たりの良い草地や
道端などに生え、高さは30〜50センチになります。茎には3稜があ
り、広線形の葉が互生します。8月から10月ごろ、茎の先に6〜7個
の苞葉をだし、円柱状の穂状花序をつけます。別名で「イヌクグ(犬
沙草)」とも呼ばれます。ちなみに「クグ」とは「カヤツリグサ」の古名で
す。
カヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草で、学名は Cyperus
cyperoides。英名は Pacific island flatsedge。
愛知県南知多町「篠島」にて、2004年10月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp