くろほうし(黒法師)

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

Aeonium arboreum cv. Atropurpureum

地中海の西部、モロッコ原産のアルボレウム種をもとにした園芸品種で、高さは50〜100センチになります。へら型の多肉質の葉が、茎の先にロゼット状に叢生します。春から夏のあいだに強い日差しのもとに置くと、葉全体が黒紫色になります。名前はこの黒い色から。 
ベンケイソウ科エオニウム属の常緑低木で、学名は Aeonium arboreum cv. Atropurpureum。英名は Purple crest aeonium。 
The purple crest aeonium (Aeonium arboretum cv. Atropurpureum) belongs to the Crassulaceae (the Orpine family). This evergreen perennial herb is a cultivar of Aeonium arboretum, which is native to Morocco. It can reach 50-100 cm in height. The leaves are succulent, spatulate, and crowded rosette-like on the stem apices. The leaves turn purplish black if exposed to strong sunshine in spring to summer. (edit by Greg Brockelbank) 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 長野県茅野市北山「バラクラ・イングリッシュガーデン」にて、
2001年10月21日撮影。
[中2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 同上にて、2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6・下] 福島県いわき市「いわき市フラワーパーク」にて、
2014年03月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp