くじゃくさぼてん (孔雀サボテン)

Epiphyllum hybrids

Epiphyllum hybrids

Epiphyllum hybrids

メキシコから南アメリカに分布するエピフィルム属(Epiphyllum)とノパ
ルホキア属(Nopalxochia)を中心とした交配によって作出された園芸
品種群の総称です。その数は1000種以上ともいわれます。「サボテ
ン」といっても棘はなく、全体が偏平で多肉質の葉状茎です。5月か
ら6月ごろ、直径15〜20センチの豪華な花を咲かせます。花色も赤
色や赤紫色、白色、黄色、オレンジ色と豊富です。
サボテン科クジャクサボテン属の常緑多年草で、学名は Epiphyllum
hybrids。英名は Orchid cactus。
Orchid cactus (Epiphyllum hybrids) belongs to Cactaceae (the Cactus
family). It is an evergreen perennial herb that is garden origin. It is cultivar-
groups which were cross breeded mainly between Epiphyllum genera and
Nopalxochia genera, and they consist of up to 1000 varieties. The plant is
sucullent, phyllocladous (flattened leaf-like stems) and spineless. The
flowers are spectacular, 15-20 cm across, and bloom from May to June.
There are many flower-colors; red, magenta, white, yellow and orange.
[上・中] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年06月12日撮影。
[下] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp