くまいちご (熊苺)

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

Rubus crataegifolius

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。日当たりの良い山地に生え、高さは1〜2メートルになります。枝には棘が密生し、広卵形の葉は3〜5中裂します。5月から7月ごろ、短い枝の先に白色の花を咲かせます。果実は赤く熟して甘みがあり、食べることができます。 
バラ科キイチゴ属の落葉低木で、学名は Rubus crataegifolius。
英名はありません。 
"Kuma-ichigo" (Rubus crataegifolius) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native throughout Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in sunny mountains and can reach 1-2 m in height. The branch is covered with many spines. The leaves are broad-ovate and divided into 3-5 lobes. The white flowers come on the short twigs from May to July. The fruits ripen red and sweet, edible.
[上] 福島県北塩原村「雄子沢川」にて、2009年06月28日撮影。
[中1・中2] 長野県小谷村千国乙「栂の森遊歩道」にて、
2005年07月11日撮影。
[中3・中11] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2006年05月15日撮影。
[中4] 岐阜県八百津町伊岐津志にて、2007年06月08日撮影。
[中5・中6] 長野県塩尻市旧塩尻にて、2007年07月11日撮影。
[中7] 岐阜県高山市国府町宇津江にて、2005年06月26日撮影。
[中8] 長野県岡谷市湊にて、2006年07月18日撮影。
(photo by Takao Itoh)
[中9・中10] 群馬県六合村入山にて、2008年07月26日撮影。
[中12・中13] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、
2014年08月25日撮影。
[中14・中15] 福島県天栄村湯本「二岐山」にて、
2014月07月26日撮影。
[中16・中17] 福島県須賀川市岩瀬「笠が森山」にて、
2014年10月25日撮影。
[中18] 長野県長和町「美ヶ原高原」にて、2015年08月01日撮影。
(photo by Aya Seko)
[中19・下] 岐阜県白川村「三方岩岳」にて、2016年08月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp