くもきりそう (雲切草)

Liparis kumokiri

Liparis kumokiri

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島から東アジア、北アジアに分布し
ています。山地の林内に生え、高さは10〜20センチになります。偽
球茎は球形で、広卵形の葉が2個つきます。葉の縁は細かく波打ち
ます。6月から8月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をつけ、淡緑色ま
たは黒褐色の花を咲かせます。萼片と側花弁は細い筒状です。
ラン科クモキリソウ属の多年草で、学名は Liparis kumokiri。
英名はありません。
長野県茅野市北山「蓼科高原」にて、2006年07月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp