くんしらん (君子蘭)

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

Clivia miniata

南アフリカが原産です。葉は広線形で長さが40〜60センチあり、2列に並んでつきます。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして先端に漏斗形の花を咲かせます。花披片は6個で、橙色や緋赤色です。葉が片側に6個以上ないと咲きません。園芸品種には、花茎が20センチほどにしかならないダルマ系があります。別名で「うけざきくんしらん(受け咲き君子蘭)」とも呼ばれます。 
ユリ科クンシラン属の多年草で、学名は Clivia miniata。
英名は Clivia、Kaffir lily。 
The Clivia (Clivia miniata) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to South Africa. The leaves are broad-linear 40-60 cm long, arranged in double rows. The funnel-shaped flowers are borne on the flowering stalk apices from April to May. The tepals are six and orange to scarlet colours. The flower only bloom, provided that the leaves come out over six-pieces on one side. 
[上] 茨城県神栖市太田新町にて、2008年03月25日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年01月05日撮影。
[中2] 韓国・京城(ソウル)市「南山(ナムサン)植物園」にて、
2004年06月19日撮影。
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年03月26日撮影。
[中4〜中6] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年09月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7〜8・下] 富山県南砺市「砺波市園芸植物園」にて、
2017年04月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp