くろまい (黒米)

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa

Oryza sativa cv. Kuro-pikari

Oryza sativa cv. Kuro-pikari

縄文時代の終わりごろから弥生時代のはじめに渡来した「いね」の
一品種群です。古代から食べられているモチ米で、糠(ぬか)の部分
に黒い色素(アントシアニン)が含まれるため、五分搗きにすると米
が紫色になり、紫米とか紫黒米ともいわれます。ふつうのお米に、ほ
んの少量を混ぜて炊くとピンク色に炊きあがり、少しねばって赤飯の
ようになるそうです。写真中3・下は、信州大学で作出された「くろぴ
かり」。
イネ科イネ属の一年草で、学名は Oryza sativa。
英名は Brack rice。
Brack rice belongs to Poaceae (the Grass family). It is an annual grass that
is a cultivar-group of rice plants which was introduced into Japan in ancient
days. Its dark purple color is primarily due to its high anthocyanin content.
The lower two photos are a cultivar "Kuro-pikari" that was raised by
Shinshu University Faculty of Agriculture.
[上・中1〜2] 千葉県香取市久保にて、2010年08月21日撮影。
[中3・下] 長野県南箕輪村神子柴にて、2001年09月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp