くろもじ (黒文字)

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

Lindera umbellata

わが国の本州、岩手県以南の太平洋側からから四国、九州の北部、それに中国に分布しています。山地の雑木林に生え、高さは2〜3メートルになります。幹は直立して、多数分枝します。枝を折ると爽やかな芳香が漂い、高級な楊枝の材料として知られています。雌雄異株で、3月から5月ごろ、葉の開出と同時に淡黄緑色の花を咲かせます。雄花には雄しべが9個あり、雌花には黄色い腺体に囲まれた子房と、それより小さい仮雄しべがあります。 
クスノキ科クロモジ属の落葉低木で、学名は Lindera umbellata。
英名はありません。 
The "Kuro-moji" (Lindera umbellata) belongs to the Lauraceae (the Laurel family). It is a small deciduous tree that is native from southern Iwate district to the Pacific Ocean side of Honshu, Shikoku, northen Kyushu and China. This tree grows in montane coppices and can reach 2-3 m in height. The trunk is upright and much branched. If a young branch is broken, it breathes brisk scent and it is used for a expensive toothpick. It is dioecious and bloom pale yellowish-green flowers with new leaves from March to May. The male flower has nine stamens and the female flower has an ovary which surrounded by yellow secretory portions, and has smaller staminodiums. 
[上] 神戸市灘区六甲山町「六甲山」にて、2005年04月19日撮影。
[中1] 奈良市白毫寺町「高円山」にて、2004年04月18日撮影。
[中2〜中4] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。
[中5〜中7] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年04月12日撮影。
[中8・中9] 福島県いわき市「仏具山」にて、2014年04月20日撮影。
[中10] 山形県小国町「樽口峠」にて、2015年05月04日撮影。
[中11・下] 宮城県大崎市「鍋倉山」にて、2015年06月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp