くろすぐり (黒酸塊) [Index] [Back]

Ribes nigrum

Ribes nigrum

Ribes nigrum

ヨーロッパの中・北部からアジア北部に分布しています。高さは1〜2メートルほどになります。葉は掌状に5裂し、互生します。4月から5月ごろ、総状花序をだし、赤みを帯びた緑色から茶色がかった花をつけます。果実は食べられる液果で、7月から8月に黒い近い暗紫色に熟します。果実には豊富なビタミンCやアントシアニンが含まれます。
スグリ科スグリ属の落葉小低木で、学名は Ribes nigrum。
英名は Blackcurrant。
Blackcurrant (Ribes nigrum) belongs to Grossulariaceae (the Gooseberry family). It is a diciduous shrub that is native to central, northern Europe and northern Asia. This shrub can reach 1-2 m in height. The leaves are alternate and divided into five lobes palmately. The flowers are reddish-green to brownish, produced in racemes, and bloom from April to May. The fruits are edible berries and ripen in dark purple, almost black in July to August. They are rich in vitamin C and anthocyanin.
スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp