くろちく (黒竹)

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

Phyllostachys nigra

中国の黄河流域以南に分布しています。桿の直径は2〜3センチほどで、高さは3〜5メートルになります。桿ははじめ緑色ですが、夏を過ぎるとだんだん黒くなり、2年ほどで真っ黒になります。庭園に植栽されたり、建築用や装飾用に利用されます。
イネ科マダケ属の常緑タケ類で、学名は Phyllostachys nigra。
英名は Black bamboo。
Black bamboo (Phyllostachys nigra) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is an evergreen bamboo that is native from the reach of Yellow River south to central and south China. The culms are 2-3 cm in diameter and can reach 3-5 m in height. They are green at beginning, turn blackish gradually after summer and turn intense black after 2 years. Black bamboo is planted in gardens and used for architectures or figurations.
[上・中2〜3] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市「チャイニーズガーデン」にて、
2007年02月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6〜8・下] 静岡市長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp