くろづる (黒蔓)

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

Trypterygium regelii

わが国の本州、日本海側から中国地方、紀伊半島それに四国・九州、朝鮮半島や中国東北部に分布しています。深い山地に生え、赤褐色の枝が蔓状に数メートル伸びます。葉は卵形から楕円形で浅い鋸歯があり、互生します。7月から8月ごろ、円錐花序をだして白色の5弁花を咲かせます。果実は翼果で、3個の翼があります。 
ニシキギ科クロヅル属の落葉低木で、学名は Trypterygium regelii。
英名はありません。 
"Kuro-zuru" (Trypterygium regelii) belongs to the Celastraceae (the Bittersweet family). It is a small deciduous tree that is distributed to the Japan Sea side and Chugoku, the Kii peninsula of Honshu, Shikoku and Kyushu, as well as the Korean Peninsula and northeastern China. This tree grows in deep mountains and the reddish brown branches grow on long trailing vines. The leaves are ovate to elliptic and alternate with low toothed edges. The panicles are borne and bloom white five-petaled flowers from July to August. The fruits are samaras with three wings. 
[上・中1] 山形県小国町小玉川「温身平」にて、
2008年07月12日撮影。
[中2〜中4] 秋田県由利本庄市鳥海町猿倉にて、
2005年07月18日撮影。
[中5] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2006年08月02日撮影。
[中6] 群馬県沼田市上発知町「玉原湿原」にて、
2009年07月26日撮影。
[中7] 群馬県みなかみ町湯桧曽「谷川岳」にて、
2009年07月26日撮影。
[中8・中9] 長野県山ノ内町「信州大学自然教育園」にて、
2003年08月12日撮影。
[中10〜中12] 長野県山ノ内町「上の小池」にて、
2010年07月25日撮影。
[中13〜中17] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、
2013年07月20日撮影。
[中18〜中20] 栃木県那須町「茶臼岳」にて、
2014年08月14日撮影。
[中21・中22] 福島市土湯温泉町「一切経山」にて、
2015年08月22日撮影。
[中23・中24] 宮城県川崎町「蔵王連峰・刈田岳」にて、
2015年09月05日撮影。
[中25・下] 山形県小国町「倉手山」にて、2016年08月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp