くるまゆり (車百合)

Lilium medeoloides

Lilium medeoloides

Lilium medeoloides

Lilium medeoloides

Lilium medeoloides

Lilium medeoloides

わが国の本州、中部地方以北から北海道それに朝鮮半島、中国に
分布しています。亜高山帯から高山帯の草地に生えて、高さは30〜
100センチになります。葉は披針形で茎の下部に1〜3段輪生し、上
部では疎らに互生します。7月から9月ごろ、茎の先に橙赤色の花を
1〜数個咲かせます。やや下向きにつき、花弁は反り返ります。
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium medeoloides。
英名はありません。
'Kuruma-yuri' (Lilium medeoloides) belongs to Liliaceae (Lily family). It is a
perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu
to Hokkaido, Korean Peninsual and China. This herb occurs in sub-alpine
to alpine grasslands and can reach 30-100 cm in height. The leaves are
lanceolate, 1-3 tiers and annular at the underpart and alternate coarsely at
the upper stem. The several reddish-orange flowers appear on the stem
apices from July to September. They bloom descending and the tepals are
recurving.
[上・中1〜2・中4] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中3] 群馬県六合村入山「野反湖」にて、2008年07月26日撮影。
[下] 秋田県由利本庄市矢島町「竜ヶ原湿原」にて、
2005年07月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp