くさのおう (草の黄)

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

Chelidonium majus var. asiaticum

わが国の各地をはじめ東アジアの温帯地域に広く分布しています。野原や林縁に生え、高さは40〜80センチになります。5月から7月ごろ、鮮やかな黄色の花を咲かせます。名前は、植物体を傷つけると黄色い乳汁がでることから。また皮膚病の「くさ(湿疹)」を治す薬効があるために、「瘡の王」との説もあります。
ケシ科クサノオウ属の一年草で、学名は Chelidonium majus var. asiaticum。英名はありません。
The "Kusa-no-oh" (Chelidonium majus var. asiaticum) belongs to Papaveraceae (the Poppy family). It is an annual herb that is native to Japan and the temperate area of Asia Esia. This herb grows in fields or forest edges and can reach 40-80 cm in height. The flowers are bright yellow and appear from May to July. The yellow bitter sap ooze when breaked stems.
[上・中1] 群馬県富士見村山口にて、2008年04月27日撮影。
[中2] 長野県茅野市宮川にて、2005年04月30日撮影。
[中3] 長野県松本市田川にて、2005年05月21日撮影。
[中4・中6] 京都府京田辺市高船南谷にて、2006年04月18日撮影。
[中5] 韓国・坡州(バジュ)市「鰲頭山(オドゥサン)」にて、
2004年06月18日撮影。
[中7〜中9] 千葉県香取市神生にて、2012年04月18日撮影。
[中10・中11] 千葉県香取市大角にて、2012年04月30日撮影。
[中12〜13・下] 福島県塙町那倉にて、2013年09月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp