くされだま (草連玉)

Lysimachia vulgaris var. davurica

Lysimachia vulgaris var. davurica

Lysimachia vulgaris var. davurica

Lysimachia vulgaris var. davurica

Lysimachia vulgaris var. davurica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、サハリン、シベリアに分布しています。山地の湿地に生え、高さは40〜80センチになります。葉は披針形から狭楕円形で全縁、対生または3〜4個が輪生します。7月から8月ごろ、茎頂または葉腋に円錐花序をだし、香りの良い、鮮やかな黄色の花を咲かせます。この花冠の色から「いおうそう(硫黄草)」とも呼ばれます。果実は刮ハです。名前の由来は、マメ科の「レダマ」という木に似た草と言う意味ですが、花は「レダマ」とはあまり似ていません。 
サクラソウ科オカトラノオ属の多年草で、学名は Lysimachia vulgaris var. davurica。英名は Yellow loosestrife。 
The Yellow loosestrife (Lysimachia vulgaris var. davurica) belongs to Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to Japan, the Korean Peninsula, China, the Sakhalin and Siberia. This herb grows in montane marshes and it can reach 40-80 cm in height. The leaves are lanceolate to narrow elliptic, entire, and arranged in opposite or 3-4 whorled. The scented bright yellow flowers bloom in the terminal or axilary panicles from July to August. It is also called "Iou-so" (sulfur grass) which derived from its yellow corolla. 
[上] 岐阜県高鷲村「ひるがの湿原植物園」、2001年07月22日撮影。
[中1] 長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、2001年08月15日撮影。
[中2〜3・下] 栃木県日光市「上三依水生植物園」にて、
2013年07月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp