くましで (熊四手)

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

Carpinus japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の渓流沿いなどに生え、高さは15メートルほどになります。葉は心形で多くの側脈が平行し、互生します。5月ごろ、葉の展開とともに花序を下垂させます。小苞が重なり合った果穂のかたちがユニークです。材は家具や器具、薪炭に使われます。
カバノキ科クマシデ属の落葉中高木で、学名は Carpinus japonica。
英名は Japanese hornbeam。
The Japanese hornbeam (Carpinus japonica) belongs to the Betulaceae (the Birch family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to Japan, also the Korean Peninsula and China. This tree grows in montane streamsides and can reach about 15 m in height. The leaves are cordate and alternate with many parallel-veins. The drooping clusters are borne in May, as soon as foliation. The clusters are unique shaped and have overlapping bractlets. The timber is used for furniture, equipment or fuelwood.
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年03月19日撮影。
[中1] 同上にて、2006年03月24日撮影。
[中2] 同上にて、2003年06月21日撮影。
[中5] 同上にて、2006年01月12日撮影。
[中3] 長野県佐久穂町「乙女の森」にて、2005年07月10日撮影。
[中4] 愛知県設楽町西納庫「岩伏山」にて、2007年10月04日撮影。
[中6・中7] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月01日撮影。
[中8・下] 茨城県日立市「竪破山」にて、2013年11月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp