くすのき (樟)

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

Cinnamomum camphora

わが国の本州以南から四国・九州、それに暖帯から亜熱帯に広く分布しています。高さは20〜50メートルの巨木になり、樹皮は黄褐色で短冊状に縦に裂けます。葉は卵形から楕円形で対生し、表面には光沢があります。全体に樟脳を含み、葉や枝を傷つけるとにおいます。5月から6月ごろ、葉腋から円錐花序をだし、小さな黄白色の花を咲かせます。果実は液果で黒紫色に熟します。中国では「樟樹」と呼ばれます。新葉の展開とともに、古い葉の一部は紅葉して落葉します。 
クスノキ科ニッケイ属の常緑高木で、学名は Cinnamomum camphora。英名は Camphor tree。 
The Camphor tree (Cinnamomum camphora) belongs to the Lauraceae (the Laurel family). It is a tall evergreen tree that is distributed widely from Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan to the temperate and tropical areas. This tree can reach 20-50 m in height, and barks are yellowish-brown, rough and fissured vertically. Leaves are ovate to elliptic, and have a glossy, waxy appearance. This tree contains camphor, and smells when crushed by hand. Masses of small yellowish-white flowers on the panicles come in from May to June. Fruits are berries and ripen purplish-black in fall. Some of old leaves are turn red and fall when new leaves foriate. 
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年05月23日撮影。
[中2] 同上にて、2006年07月15日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年11月29日撮影。
[中4] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中5・中6] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年04月18日撮影。
[中7] 奈良市春日野町「奈良公園」にて、2007年01月04日撮影。
[中8・中9] 千葉県香取市仁良にて、2011年04月14日撮影。
[中10〜中12] 静岡県熱海市「アカオハーブ&ローズガーデン」
にて、2013年08月02日撮影。
[中13〜14・下] 千葉市美浜区「湾岸幕張PA」にて、
2015年04月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp