くちなし (梔)

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

Gardenia jasminoide

わが国の本州、静岡県以西から四国・九州、それに台湾や中国に分布しています。よく分枝して高さは2メートルほどになります。葉は楕円形で先が尖り、対生します。6月から7月ごろ、枝の先端に芳香のある白い花を咲かせます。果実が熟しても裂開しないことから「口無し」と書かれることもあります。碁盤の足はこの実をかたどってあり、口出し無用を意味するとか。よく植栽されているのは、八重咲きの園芸品種です。
アカネ科クチナシ属の常緑低木で、学名は Gardenia jasminoides。
英名は Gardenia、Cape jasmine。
Gardenia belongs to the family Rubiaceae (the Madder family). It is a small evergreen tree that is native to westward from Shizuoka prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, as well as Taiwan and China. This tree is much branched and can reach about 2 m in height. The leaves are elliptic and opposite with acute tips. The fragrant white flowers come in the terminal branches from June to July. The fruits ripen orange, though do not split open. The double-flowered cultivars are generally planted.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中7] 同上にて、2003年12月07日撮影。
[中7] 同上にて、2006年02月15日撮影。
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年11月09日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2005年11月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年06月13日撮影。
[中7〜中9] 三重県松阪市き飯高木梶にて、
2012年07月09日撮影。
[中10〜11・下] アメリカ・オレゴン州「チャイニーズガーデン」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp