くるまばつくばねそう (車葉衝羽根草)

Paris verticillata

Paris verticillata

Paris verticillata

Paris verticillata

Paris verticillata

Paris verticillata

わが国の各地をはじめ、千島列島にも分布しています。山地の林内に生え、高さは20〜40センチになります。葉は長楕円形で、茎の上部に6〜8個が輪生します。5月から8月ごろ、茎の先端に黄緑色の花を咲かせます。外花被片は4個、それに内花被片が4個あります。球形の果実は紫黒色に熟します。 
ユリ科ツクバネソウ属の多年草で、学名は Paris verticillata。
英名はありません。 
"Kurumaba-tsukubane-so" (Paris verticillata) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Japan and the Kuril Islands. This herb grows in mountain forests and can reach 20-40 cm in height. The leaves are oblong and arranged 6-8 whorled at the upper stems. The greenish yellow flower blooms at the top of stem from May to August. The flower has four outer tepals and four inner tepals. The fruits are globose and ripen purplish black. 
[上・中1] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年07月15日撮影。
[中4・下] 群馬県片品村戸倉「川上川」にて、
2015年07月05日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp