くわくさ (桑草)

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

Fatoua villosa

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国東北部に分布しています。道端や畑、荒れ地などに生え、高さは30〜60センチになります。茎や葉には毛があり、茎はときに暗紫色を帯びます。葉は卵形で互生し、縁には粗い鋸歯があります。9月から10月ごろ、葉腋に雄花と雌花を混在して咲かせます。名前は、葉が「くわ(桑)」に似ていることから。
クワ科クワクサ属の一年草で、学名は Fatoua villosa。
英名は Hairy crabweed。
Hairy crabweed (Fatoua villosa) belongs to the Moraceae (the Mulberry family). It is an annual herb that is native from Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan, as well as the Korean Peninsula and north-eastern China. This herb grows in roadsides, dry fields or waste lands, and can reach 30-60 cm in height. The stems and leaves are covered with hairs. The stems are occasionally tinged dark purple. The leaves are ovate, opposite with coarsely toothed edges. Both male and female flowers bloom on the axils from September to October.
[上} 茨城県神栖市土合北にて、2009年09月10日撮影。
[中1〜中3] 大阪府四条畷市下田原にて、2003年10月07日撮影。
[中4〜中6] 千葉県香取市大角にて、2012年09月04日撮影。
[中7〜9・下] 同上にて、2014年07月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp