くるまばざくろそう (車葉石榴草) [Index] [Back]

Mollugo verticillata

Mollugo verticillata

Mollugo verticillata

Mollugo verticillata

Mollugo verticillata

Mollugo verticillata

熱帯アメリカが原産です。わが国へは、江戸時代の末期に渡来し、各地に帰化しています。茎は基部からよく分枝して、地面に這い、長さは30センチくらいになります。葉は線形で、節に4〜7個輪生します。7月から8月ごろ、葉腋に花弁のない小さな花を咲かせます。
ザクロソウ科ザクロソウ属の一年草で、学名は Mollugo verticillata。
英名は Carpetweed、Green carpetweed。
Carpetweed (Mollugo verticillata) belongs to the Molluginaceae. It is an annual herb that is native to tropical America. It was introduced into Japan in the last days of Edo Era (about 150 years ago) and nowadays, naturalized in so many places. The stems are branched at the base, spread by creeping on the grounds and can reach about 30 cm long. The leaves are linear and 4-7 whorled. The small non-petaled flowers bloom on the axiles from July to August.
[上・中1〜2] 千葉県香取市大角にて、2010年08月21日撮影。
[中3・下] 同上にて、2011年09月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp