きょくちちょうのすけそう (極地長之助草)

Dryas octopetala

Dryas octopetala

Dryas octopetala

Dryas octopetala

Dryas octopetala

Dryas octopetala

北半球の周極地方に分布しています。草地や砂礫地などに生え、高
さは5〜10センチになります。葉は革質の楕円形からほぼ円形で、
裏面にはビロード状の毛が生えます。葉の縁には鈍鋸歯がありま
す。夏、茎頂に直径15〜25ミリの白色の花を咲かせます。別名で
「ようしゅちょうのすけそう(洋種長之助草)」とも呼ばれます。
バラ科チョウノスケソウ属の落葉小低木で、学名は Dryas
octopetala。英名はありません。
Dryas octopetala belongs to Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous
shrub that is native to circumpolar of Northern Hemisphere. This shrub
grows in grasslands or screes and can reach 5-10 cm in height. The leaves
are leathery elliptic to round and the abaxial sides are covered with velvety
hairs. They have obtuse toothed edges. The white flowers 15-25 mm
across come in summer.
[上・中1〜2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年11月29日撮影。
[中3] スイス・ベルン州・「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スイス・ルツェルン州「ピラトゥス山」にて、
2009年06月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp