きゅうこんベゴニア (球根ベゴニア)

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

写真は「球根ベゴニア」のハンギングタイプ。枝分かれが旺盛で花が
下に向きます。野生の球根性ベゴニアから複雑な交配をへて作られ
ました。花色は赤色やピンク、オレンジ色、白色などと多彩で、ほとん
どが八重咲きです。花期は5月から11月ごろ、その後に地上部は枯
れて球根が形成されます。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草で、学名は Begonia
tuberhybrida。英名は Tuberous begonia。
[上・中1〜5] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中6〜11・下] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp