きゅうこんベゴニア (球根ベゴニア)

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

Begonia tuberhybrida

野生の球根性ベゴニアから複雑な交配をへて作られました。花色は赤色やピンク、オレンジ色、白色などと多彩で、ほとんどが八重咲きです。花期は5月から11月ごろ、その後に地上部は枯れて球根が形成されます。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草で、学名は Begonia tuberhybrida。英名は Tuberous begonia。 
Tuberous begonia (Begonia tuberhybrida) belongs to the Begoniaceae (the Begonia family). It is a perennial herb that was made from a wild bulbous begonia with a complicated mating. The flowers are pink, orange, white and many in color, mostly double-bloom. The flower season begins from May to November, after which the ground part withers and a bulb will be formed. 
[上・中1〜5] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中6〜中12] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中13・中14] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・ドーセット州ボーンマスにて、2011年08月16日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp