クイアベンティア・ウェルティキラータ [Index] [Back]

Quiabentia verticillata

Quiabentia verticillata

Quiabentia verticillata

ボリビアやパラグアイ北東部、それにアルゼンチン南西部が原産です。標高350〜1000メートルの乾燥した低地に生え、高さは2〜15メートルになります。茎は先端で分枝します。葉は長さ4〜5センチで卵形から披針形です。若芽はいくつかの7センチ以上ある棘で塞がれています。花は鮮やかな赤色で、長さ1.5センチです。 
サボテン科クイアベンティア属の柱状サボテンで、学名は Quiabentia verticillata。英名はありません。 
Quiabentia verticillata belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a treelike or shrubby plant that is native to Bolivia, northwestern Paraguay, and northwestern Argentina. This cactus grows in dry and low areas at altitudes of 350-1,000 m, and up to a height of 2-15 m. The stems branch off from the ends. The leaves are 4-5 cm long and ovate to lanceolate. The shoots are occupied with several, up to 7 cm long thorns. The flowers are bright red, about 1.5 cm long. 
イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp