まつばぼたん (松葉牡丹)

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

Portulaca glandiflora

南アメリカのブラジルからアルゼンチンにかけてが原産です。夏の暑
さや乾燥に強く、高さは10〜15センチになります。夏から秋にかけ
て、赤色やピンク色、黄色、白色それに橙色などの花を咲かせます。
花は一日花で、ふつうは昼過ぎにはしぼんでしまいます。和名は、葉
が松葉に、花が「ぼたん(牡丹)」に似ているのことから。別名で「つめ
きりそう」とも呼ばれますが、枝先をツメで切って挿せば簡単に増や
せます。
スベリヒユ科スベリヒユ属の多年草で、学名は Portulaca glandiflora。
英名は Rose moss。
Rose moss belongs to Portulacaceae (the Purslane family). It is a perennial
herb that is native to Brazil and Argentine. This herb is heat, drought
tolerant in summer and can reach 10-15 cm in height. The red, pink, white
or orange flowers come in summer and fall. The flowers last one day, and
fade at early afternoon. It can be propagate easily by cutting stems.
[上] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年09月14日撮影。
[中1〜中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年09月05日撮影。
[中4〜8・下] 千葉県香取市大角にて、2010年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp