マカダミア

Macadamia integrifolia

Macadamia integrifolia

Macadamia integrifolia

Macadamia integrifolia

オーストラリア東部、クイーンズランド州の南東部に分布しています。
熱帯雨林に生え、高さは7〜12メートルになります。葉は長楕円形
で、縁は波打ちます。冬から春、長い花序を下垂させて白い花を咲
かせます。果実の種子はマカダミアナッツとなり、食用や薬用オイル
に利用されます。
ヤマモガシ科マカダミア属の常緑小高木で、学名は Macadamia
integrifolia。英名は Macadamia nut。
Macadamia nut (Macadamia integrifolia) belongs to Proteaceae family. It is
an evergreen semi-tall tree that is native to eastern Australia; southeastern
Queensland. This tree occurs in rainforests and can reach 7-12 m in height.
The leaves are oblong with wavy edges. The long clusters are drooping and
bloom white flowers from winter to spring. The seeds are edible and used
as a food or a medical oil.
[上・中1] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。
[中2・下]大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp