マカイロフィルム・アルビドゥム [Index] [Back]

Machairophyllum albidum

南アフリカの西ケープ地方に分布しています。標高300〜600メートルの珪岩質または砂岩質の岩礫地に生え、高さは15〜20センチになります。葉は灰緑色で多肉質、先端は尖ります。春に直径6センチほどの鮮黄色の花を咲かせます。花は夜開性です。
ツルナ科マカイロフィルム属の常緑多年草で、学名は Machairophyllum albidum。英名はありません。
Machairophyllum albidum belongs to the Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Western Cape province of South Africa. This herb grows on siliceous or sandstone rocks 300-600 m elevation, and can reach 15-20 cm in height. The leaves are silvery green and fleshy with sharply pointed. The bright yellow flowers, about 6 cm in diameter bloom in spring. They are nocturnal.
イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、2008年03月03日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp