マーシュ (野苣) [Index] [Back]

Valerianella locusta

Valerianella locusta

Valerianella locusta

Valerianella locusta

Valerianella locusta

Valerianella locusta

ヨーロッパが原産です。湿り気のある場所や荒れ地、道ばたなどに生え、高さは30センチほどになります。根生葉はへら形でロゼットを形成し、茎葉は披針形で対生します。4月から6月ごろ、茎頂に集散状の花序をだし、小さな白色の花を咲かせます。野菜としても栽培され、ヨーロッパではトスサラダの材料としてよく利用されます。「マーシュ(Mache)」はフランス語、和名では「のぢしゃ(野苣)」と呼ばれます。
オミナエシ科ノヂシャ属の一年草で、学名は Valerianella locusta。
英名は Corn salad。
Corn salad belongs to Valerianaceae (Valerian family). It is an annual herb that is native to Europe. This herb occurs in waste places, disturbed areas or roadsides and can reach about 30 cm in height. The basal leaves are spatulate and form rosette, the cauline leaves are lanceolate and opposite. It is borne small white flowers in the terminal cymose clusters from April to June. Corn salad is cultivated for vegetable, and it is a popular tossed salad ingredient in Europe.
[上] 千葉県香取市阿玉川にて、2008年04月23日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2008年04月16日撮影。
[中3] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年05月21日撮影。
[中4] 同上にて、2009年06月20日撮影。
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp