まるばだけぶき (丸葉岳蕗)

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

Ligularia dentata

わが国の本州、中部地方以北と四国に分布しています。低山帯から亜高山帯のやや湿った草地や林縁に生え、高さは40〜120センチになります。葉は腎円形で「ふき(蕗)」に似ています。7月から8月ごろ、直立した花茎に直径8センチほどの大きな黄色い頭花を咲かせます。総苞は黒紫色で目立ちます。 
キク科メタカラコウ属の常緑多年草で、学名は Ligularia dentata。
英名はありません。 
"Maruba-dakebuki" (Ligularia dentata) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial evergreen herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu and Shikoku. This herb grows in montane to> sub-alpine, wettish grasslands or forest edges, and can reach 40-120 cm in height. The leaves are reniform-round and resemble to the Sweet coltsfoot (Petasites japonicus). The large, about 8 cm across, yellow flower-heads bloom on the erect flowering stalks from July to August. The bracts are obvious, blackish purple. 
[上・中6] 長野県伊那市高遠町芝平「入笠牧場」にて、
2006年08月24日撮影。
[中1・中2] 長野県山ノ内町「信大自然教育園」にて、
2003年08月12日撮影。
[中7・中8] 同上にて、2010年07月25日撮影。
[中3・中4] 長野県伊那市長谷黒河内「黒河内林道」にて、
2006年08月24日撮影。
[中5] 長野県木島平村「北ドブ湿原」にて、2004年07月04日撮影。
[中9・中10] 福島県檜枝岐村「尾瀬沼」にて、
2013年08月25日撮影。
[中11] 栃木県那須塩原市板室にて、2014年08月15日撮影。
[中12・中13] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。
[中14] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。
[中15〜中17] 長野県白馬村「唐松岳」にて、
2016年07月30日撮影。
[中18〜19・下] 同上にて、2016年07月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp