マダガスカルジャスミン

Stephanotis floribunda

Stephanotis floribunda

Stephanotis floribunda

Stephanotis floribunda

Stephanotis floribunda

Stephanotis floribunda

マダガスカル島が原産です。蔓性で、長さは5メートルくらいに伸び、葉は卵形で光沢があり対生します。5月から9月ごろ、葉腋から散形花序をだし、純白色の筒状花を咲かせます。花冠の先は5中裂します。別名で「ステファノティス」とも呼ばれます。 
ガガイモ科シタキソウ属の常緑多年草で、学名は Stephanotis floribunda。英名は Madagascar jasmine。 
The Madagascar jasmine (Stephanotis floribunda) belongs to the family Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is an evergreen perennial herb that is native to the Madagascar. This herb grows on a long trailing vine and can reach about 5 m long. The leaves are ovate, glossy and opposite. The cymes are borne on the axiles and bloom pure white tubular flowers from May to September. The corolla is five-lobate. 
[上・中1〜2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中3] アメリカ・マサチューセッツ州ボストン市にて、
2006年09月12日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4・下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2014年07月01日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp