まつばぎく (松葉菊)

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

Lampranthus spectabilis

南アフリカのケープ地方に分布しています。乾燥地帯に生え、高さは30センチほどになります。茎は匍匐して這うように広がり、古くなると木質化します。5月から7月ごろ、茎頂に、直径5センチほどのピンク色から紫色の花を咲かせます。名前は「きく」のような花と、松葉のような多肉質の葉に因みます。園芸上は、マツバギク属の10種ほどとその交配種、近縁のケファロフィルム属の形態的に近たものが「まつばぎく」と呼ばれています。 
ツルナ科マツバギク属の常緑多年草で、学名は Lampranthus spectabilis。英名は Fig marigold、Trailing ice plant。 
Fig marigold (Lampranthus spectabilis) belongs to the Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen perennial herb that is native to Cape Province of South Africa. This herb grows in arid areas and can reach about 30 cm in height. The stem spreads by creeping on the ground and lignifies when aging. The pink to purple flowers, about 5 cm in diameter come in May to July. Fig marigold is comprising about 10 species of genus Lampranthus, their hybrids, and closely related genus Cephalophyllum in horticulture. 
[上・中1〜2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2006年06月10日撮影。
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suhiro)
[中4・中5] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2010年05月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6・中7] 茨城県神栖市太田新町にて、2013年05月19日撮影。
[中8・下] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年02月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp