マホニア・ベアレイ

Mahonia bealei

Mahonia bealei

Mahonia bealei

Mahonia bealei

中国の東南部から中南部に分布しています。丘陵から山地の林内
に生え、高さは4メートルほどになります。茎は直立し、葉は奇数羽
状複葉で、広卵形から卵状楕円形の小葉が3〜7対つきます。表面
は革質で光沢があり、縁には先端が棘状になった粗い鋸歯がありま
す。7月から10月ごろ、枝先に総状花序を数個だし、黄色い花を咲
かせます。果実は液果で、10月から11月ごろに粉白を帯びた黒藍
色に熟します。
メギ科ヒイラギナンテン属の常緑低木で、学名は Mahonia bealei。
英名は Leather-leaf mahonia。
Leather-leaf mahonia (Mahonia bealei) belongs to Berberidaceae
(Barberry family). It is an evergreen small tree that is native to south-
eastern and south-central China. This tree occurs in hillsides to montane
woodlands and can reach about 4 m in height. The stem is erect. The
leaves are odd-pinnately compound with 3-7 pairs of broad-ovate to
ovate-elliptic leaflets. They are leathery and glossy with spiny coarsely-
toothed margins. The several racemes are borne on the terminal branches
and bloom yellow flowers from July to October. The fruits are berries and
ripen blackish-indigo with powdery white in October and November.
[上・中1] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中2・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp