マホガニー

Swietenia mahagoni

Swietenia mahagoni

Swietenia mahagoni

西インド諸島が原産です。今ではメキシコ南部から中央アメリカ、ブラ
ジルの各地に植栽されています。高さは50メートルにもなります。材
は世界三銘木のひとつとして有名で、加工しやすいうえに乾燥後は
狂いがきわめて少なく、また耐朽性が高いという特徴があります。高
級な家具や装飾用材、帆船などに使用されます。
センダン科マホガニー属の常緑高木で、学名は Swietenia mahagoni。
英名は Mahogany。
Mahogany belongs to Meliaceae (Mahogany family). It is an evergreen tall
tree that is antive to West Indies. This tree is cultivated widely from
southern Mexico to Central America and Brazil. This tree can reach about
50 m in height. The timber is famous as one of the precious woods. It has
excellent workability and is very durable and slow to rot. This timber is used
for making furniture and decorative materials and sail boats.
静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp