まきのすみれ (牧野菫) [Index] [Back]

Viola violacea var. makinoi

Viola violacea var. makinoi

わが国の本州、東北地方から近畿地方に分布しています。「しはいすみれ」の変種で、日当たりの良いところに生え、高さは5〜8センチになります。葉は三角状披針形で、ほとんど垂直に立ちます。3月から5月ごろ、濃紫色の花を咲かせます。側弁の基部は無毛です。
スミレ科スミレ属の常緑多年草で、学名は Viola violacea var. makinoi。英名はありません。
'Makino-sumire' (Viola violacea var. makinoi) belongs to Violaceae (Viola family). It is an evergreen perennial herb that is native to Honshu of Japan, from Tohoku district south to Kinki district. This is a variety 'Viola violacea'. This herb occurs in sunny places and can reach 5-8 cm in height. The leaves are triangular-lanceolate and close to erect. The deep purple flowers come in March to May. The lateral petals are hairless at the bases.
[上] 岐阜県中津川市「まごめ自然植物園」にて、
2007年04月12日撮影。
[下] 岐阜県瑞浪市釜戸町「竜吟峡」にて、2007年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp