マルス・シルウェストリス [Index] [Back]

Malus sylvestris

Malus sylvestris

ヨーロッパの中部が原産です。林内や潅木帯などに生え、高さは9メートルほどになります。5月ごろ、白色から淡いピンク色の花を咲かせ、果実は9月から10月に熟します。かつては、現在栽培されている「りんご」の祖先のひとつだと考えられていました。
バラ科リンゴ属の落葉高木で、学名は Malus sylvestris。
英名は Crab apple。
Crab apple belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous tall tree that is native to central Europe. This tree occurs in woods or scrubs and can reach about 9 m in height. The white to pale pink flowers come in May, and the fruits ripen from September to October. In the past it was thought to be an ancestor of the cultivated apple (M. domestica).
[上] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、2007年06月28日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp