マミラリア・ボンビキナ (豊明丸)

Mammillaria bombycina

Mammillaria bombycina

Mammillaria bombycina

Mammillaria bombycina

Mammillaria bombycina

メキシコが原産です。高さは15〜25センチほどですが、直径60センチにもなる大きなマウンドを形成します。褐色のフック形の棘の周りに、短くて白い棘が放射状にでています。春にかわいいピンクの花を咲かせます。園芸上は「ほうめいまる(豊明丸)」と呼ばれます。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria bombycina。英名は Silken pincushion。
Silken pincushion belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen perennial cactus that is native to Mexico. This cactus can reach 15-25 cm in height, and forming colonies 60 cm in diameter. Central spines are brown and hooked, radial spines are short and white. Large pink flowers come in late spring.
[上・中1] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[中2・中3] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2006年12月21日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp