マミラリア・カンディダ (満月) [Index] [Back]

Mammillaria candida

Mammillaria candida

メキシコが原産です。茎は球形で直径は15センチほどになり、多数の白い細毛を通して見える、純白の短い棘があります。新しい棘はしばしば紅色を帯びます。淡いピンク色の花は晩春に咲き、それぞれの花弁の軸に沿ってオレンジ色の条斑があります。花後、赤色の果実ができます。園芸上は「満月(まんげつ)」と呼ばれます。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria candida (syn Mammilloydia candida)。英名は Snowball cactus。
Snowball cactus (Mammillaria candida) belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen succulent perennial that is native to Mexico. The stem is spherical, about 15 cm in diameter with snow white short spines, appearing through a quantity of fine white hair. The new spines are often rose colored. The pale pink flowers with an orange stripe along the axis of each petal, bloom in late spring. The flowers are followed by red fruits.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp