マミラリア・エロンガータ (黄金司)

Mammilaria elongata

Mammilaria elongata

Mammilaria elongata

Mammilaria elongata cv. Cristata

メキシコ中部のヒダルゴ州とケレタロ州に分布しています。茎は鉛筆から指に似た形までざざまです。疣(いぼ)は、螺旋状に生える軟らかい棘に被われています。棘の色は黄色から赤色まであります。春に淡い黄白色の花を咲かせます。写真下は園芸品種の「クリスタータ(cv. Cristata)」。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammilaria elongata。英名は Golden stars、Lady fingers。
The Golden stars (Mammilaria elongata) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen succulent perennial that is native to central Mexico, Hidalgo and Queretaro. The stems are variable in shape from pencil to finger-like. The nipples are arranged in perfect spirals, and the spines on each of them are arranged as a star. The spines vary in color from yellow to red. The pale yellowish-white flowers bloom in spring. The bottom photo is a cultivar 'Cristata'.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年12月13日撮影。
[中2] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp