まめなし (豆梨)

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

Pyrus calleryana

わが国の本州中部、三重・岐阜・愛知・長野の各県と朝鮮半島、中
国に分布しています。湿地の周辺などに生え、高さは8〜10メートル
になります。葉は広卵状円形から卵形で互生します。4月ごろ、葉の
展開と同時に総状花序をだし、真っ白な花を咲かせます。果実は直
径1センチほどの球形で、褐色に熟します。
バラ科ナシ属の落葉高木で、学名は Pyrus calleryana。
英名は Callery pear。
Callery pear (Pyrus calleryana) belongs to the Rosaceae (the Rose family).
It is a tall deciduous tree that is native to central Japan; Mie, Gifu, Aichi
and Nagano prefecture, also the Korean Peninsula and China. This tree
grows in around the marshes and can reach 8-10 m in height. The leaves
are broad ovate-round to ovate and alternate. The racemes are borne and
the pure white flowers bloom as soon as foliation in April. The fruits are
round about 1 cm across and ripen in brown.
[上・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。(B30094)
[中1] 同上にて、2006年04月06日撮影。
[中3] 同上にて、2005年11月03日撮影。(B30094)
[中4] 同上にて、2007年09月25日撮影。
[中5〜6・下] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp